【0円で今すぐ】占いアプリ3つ

音信不通のツインソウル|再会する時期を知った簡単な手段と奇跡の実話

海と大きな惑星と男女のシルエット

 

あなたは今まで、どのくらいの恋愛をしてきましたか?

何人もの異性と関わりを持った方もいれば、今の想う人が初めてという方もいるでしょう。

 

最初こそ楽しくて、幸せの中にいたはずなのに、ふとした喧嘩や、どうにもならない出来事をきっかけに、離れ離れ。

 

それでも、諦めることができなくて、忘れる事が出来なくて、プライベートも楽しくなくて、仕事も上の空で、ネットをふらふら…

 

ある日『ツインソウル』という存在を知り、その定義と自分の状況を重ねてみる。

すると、どうやらあなたが彼に感じた特別な感情は間違いではなく、特別な赤い糸があることを知ります。

 

ツインの試練を調べ、乗り越え方を検索し、同じ境遇の人を見つけ…

 

 

でも、現実には音信不通。LINEは既読無視。

 

『いつまで待てば良いのか』

『本当に連絡は来るのか』

『ツインソウルは、思い込みなのか』

 

そんな風に、不安になってしまいますよね。

 

私もそうですが、面白いもので、彼からの連絡を諦めたとき、執着心が無くなったときに、

思い出したように音信不通は解除され、次のステップに移行しました。

 

 

そして、ここにもまた、ツインソウルの相手が音信不通となり、苦しみ、寂しさを抱えていた方のお話があります。

 

彼女はどのようにツインの相手との再会時期を知ったのか。

そして、どうやってその期間、狂いそうな程の愛しさと向き合ったのでしょうか?

 

なんとそれは、いわゆる『手放し』とは、真逆のものでした。

 

ツインのサイレント期間の過ごし方は、人それぞれのようですよ。

 

音信不通のツインソウル!好きすぎてどうにかなりそう…運命の人とは再会できるの?

瞑想する女性のイメージ

 

先に結論から言いますと、ツインソウルとの再会などは、鑑定士に見てもらうのが解決への近道になります。

 

ツインソウルを得意とする鑑定士は数多くいますが、中でもヴェルニの神楽先生はツインソウル鑑定では有名です。

 

『私たちはツインソウルなのか』

『本当に再会できるのか』

『いつ連絡が来るのか』

『彼は今、何を思っているのか』

 

そういった事が簡単に分かりますので、不安で苦しい方は利用するのがベターです。

登録は無料、もちろん大手の安全な占いになるので、お気軽にどうぞ。

 

以下は、占いと共に、大切な気持ちに気がついた意外なツインの奇跡のエピソードです。

 

ひかりさん(仮名)31歳からの投稿

 

彼に出会ったのは、今から10年以上も前の、高校生のときです。

正確に言えば、入学時から同学年だったのですが、親密になったのは2年に上がったとき。

 

最初に話した日のことは今でもハッキリ覚えています。

 

たまたま私の友達と仲の良かった男子グループとで話していたとき、流れで彼とも話すようになりました。

 

出会いこそ普通ですが、私は当時から彼に強く強く惹かれ、まるで初めて会ったとは思えない心地好さや、胸騒ぎのような感覚を感じていました。

 

初恋ではありません。私はそれよりも前に付き合った男子もいましたが、その時の感情とは別物でした。

 

その時の私は『ツインソウル』なんて知らず、それはただ単に『すごい好きなんだな』くらいに感じていただけです。

 

 

そんな彼とは、高校生のうちに付き合うことはありませんでした。

 

私たちは、高校の卒業と同時にそれぞれの道へと歩いていき、当時は『もう2度と会うことはない』と思っていました。

 

理由はなぜか、と聞かれると、よくわかりません。

 

ただ、どういうわけか付き合うという考えはなく、彼と話をしているだけで心は満たされていたのを覚えています。

 

1度目の再会

 

大学を卒業し、私は普通に会社員として暮らしていました。

大学でも、それなりに恋をしたり、遊んだり、バイトしたり、平々凡々に生きていました。

 

でも、なぜなのか。彼を何度も思い出すことがありました。

 

ふとした瞬間。

 

例えば、寝る前や、一人の帰り道、仕事中。

 

『今、なにしてるかな?』という感じではなく、本当に『頭の中に急に現れる』感じです。

 

思い出そうとしたつもりもないのに、まるで虫の知らせかのように、彼を感じてしまうので、私も不思議でした。

 

『そんなに好きだったのかな』なんて思いながら過ごしていましたが、やがて忘れるだろうとも思っていました。

 

 

でも、ある日を境に、連日で彼の夢を見るようになりました。

 

夜の丘で祈る女性

 

そう、それこそがまさに前兆だったようで、何日か彼の夢を見ていたある日、mixiを通じて、彼から連絡があったのです。

 

今でこそ言えますが、ツインソウルはやっぱりどこかで繋がるものなんだと思います。

 

これといった共通の知人もいないのに、彼が私のアカウントにたどり着くには、奇跡的な何かがあったとしか思えません。

 

実は、高校生のときから、彼も私に想いを寄せていた、と後になって聞きました。

 

出会ったときから再会まで、自分でも『ロマンティックだなー』って思います(笑)

 

 

そして、この時から私と彼は急接近。

当時は本当に楽しく、どこに行くにも彼と一緒だったし、

私の中では、『あぁ、いつか私はこの人と結婚するんだ』と根拠のない確信がありました。

 

まさに魂の繋がり。

 

彼といるとき、彼を想うとき、私は本当に幸せでした。

 

音信不通

 

二人でいるときに、彼が話してくれたことがあります。

 

『俺は、1度結婚して、離婚している』

 

私が大学生だったころ、彼は高卒で社会人になり、職場で出会った少し歳上の女性と籍を入れたそうです。

 

でも、それを聞いた私の反応は、『あーそうなんだ』くらい。

 

ショックかと聞かれたらショックかもしれませんが、今は離婚しているわけですし、若いうちのバツがあったくらいで「それがどうした?」という感情の方が大きかったと思います。(幸い、子供はいないようでした)

 

事実、現在は私が側にいるし、彼も前の奥さんには未練もありません。

私には、それで十分でした。

 

でも、彼にはその事実が、思ったよりも重くのし掛かっている事に、その時の私は気が付きませんでした。

 

離婚するにあたり、どうやら円満離婚とはいかなかったようで、彼は前の奥さんに慰謝料を分割で払っていました。

 

高卒で働き始めた彼は、お世辞にも高給とりではありません。(年齢も年齢です)

 

そんな彼にとって、その支払いは家計を逼迫していたようでした。

 

そして、ある日、彼からLINEがありました。

 

『俺は、自分の生活で精一杯だから、結婚も考えられないし、このまま付き合うのもツラい』と。

 

その日は、ささいな事からちょっとした喧嘩になり、その延長での言葉でした。

 

もっとも、彼の中では溜まっていたものがあったんだと思います。

 

たかが勢いで言ったことと思っていましたが、その日を境に、彼からの連絡はなくなりました。

 

最初は、仲直りのLINEをしたり、さりげなく関係のない話題を送ったりもしましたが、反応はなし。(「既読」だけはつきましたが)

 

 

先に結論から言うと、この状態のまま、私は2年近く彼と音信不通になります。

 

当時は、それこそ気が狂いそうなほど、彼を求めて、彼を思い出して、『きっと連絡が来るはず』『…きっと…』と、

 

振り返ってみたら、その2年は長くはなく、あっという間でした。

 

なぜなら、彼のいない生活の中に、私の意識はなかったから。

 

 

機械のように会社に行って、帰って、ご飯を食べて。

 

 

でも、その頃は不安と寂しさと孤独感で、それこそ『死にたい』とさえ考えたこともあります。

 

せめて、声が聞きたい。

せめて、1通のLINEが欲しい。

 

せめて、抱き締めて欲しい。

 

普通なら、2年も会わず、いつ連絡があるのか…いえ、連絡そのものがあるかどうかもわからない日々の中で、相手を想い続けることはないと思います。

 

そこがツインソウルにおけるツラい所で、彼は私の中から出ていってくれません。

 

 

その頃、私はネットでようやく『ツインソウル』という概念を知りました。

 

ツインソウルの定義は、サイトや本によってもまちまちだったりしますが、多分、そのどれもが正解で、どれもが間違いだと思います。

 

なぜなら、『こうならツインソウル』『これなら違う』というものではなく、私の中には、根拠のない『彼がそうだ』という確信があったから。

 

他人から見たら、恋愛に執着して、ちょっとおかしくなった人です(笑)

 

でも、それでも、彼の魂を、ぬくもりを、まるで昨日のことのように感じ、『いつかは再会できる』という謎の感情を抑えることは出来ませんでした。

 

いつ、会えるの?

 

『いつかは再会する』とはいえ、その「いつか」をのんびり待てるほど、私は強くありません。

 

押し潰されそうな不安と孤独の中で、彼からの連絡が何十年も先になるかもしれないのなら、もういっそ忘れたい…

 

ネットや本を見れば、ツインソウルの再会、統合には『執着心の手放し』が大切だと、自分を見つめろと、その時が再会の時だと挙げられています。

 

 

私は、『手放しなんて、ふざけないで』という思いでいっぱいでした。

 

自分を見つめろと言われたって、何をしたら良いのかわからないし、魂の成長?なにそれどこで鍛えられますか?という感じです。

 

だって、自分の意思とは無関係に、彼は頭の中に、夢の中に出てくるのに。

 

それこそ、風の便りで『彼は死にました』と言われても、当時の私は彼を探し、求めたと思います。

 

そんな状態で、手放しなんてムリの一言です。

 

結局は、私にはツインソウルの知識だけが身に付き、現実では『既読』の文字とネットをさ迷う日々があるだけでした。

 

そんなときに、『ツインソウル鑑定士』という存在も知りました。

 

このサイトではありませんが、どこかの体験談か何かだったと思います。

 

『彼との再会の時期を知りたい』

『この想い、いつになれば手放せる?』

そんな思いで、私はヴェルニの神楽先生に鑑定をお願いしました。

 

机に並べられたタロットカード

 

 

もしもし…

相談者

占い師

初めまして、神楽と申します。今日はどんな気分で、占いをしてみようと思いましたか?

 

 

記憶は曖昧ですが、私は恥ずかしくなるほど、彼への切実な想いを打ち明けました。

 

そして、少しの沈黙のあと、神楽先生が鑑定結果を教えてくれました。

 

占い師

確かに、あなたと彼の間には、運命的な結び付きがあるみたいです

 

ここまでは、驚きというよりは、『やっぱり』という感情の方が強かったです。

 

占い師

今は連絡がなくてツラいでしょう。彼とはどのくらい会っていないの?1回もメールもない?

 

簡単に経緯を説明しながら、先生はゆっくりと、私の話を聞いてくれました。

 

やがて、話の流れの中で、先生はこう言いました。

 

占い師

でも、彼の方も、あなたへの想いがあるみたい。あと2ヶ月くらいしたら落ち着く、って言ってるみたいですよ

 

大事な部分をさらっと言われて、私はちょっとパニックになったのを覚えています(笑)

 

彼が経済的にも精神的にも良くなるのは2ヶ月くらい。

そうしたら、変化がある。

 

先生は、そう言い切ってくれました。

 

サイレント期間の心の在り方

 

でも、私は自分でもわかるくらい、彼への執着心がありますけど…

相談者

占い師

うん。いいのよ。それで
は?

相談者

占い師

ツインソウルに対しては、いろんな情報が飛び交っていて、ネットとかだと、手放しがどうとかあるけど、気にしないでいいの

ツインの魂は、何があっても再会して結び付くようになってる。そういうものだから

だから、それまでは思う存分彼への気持ちも、執着心も、持ってていいんじゃない?

占い師

私たちは神様でもなんでもないんだから、『魂の浄化』とか考えなくていいんです。

ただ、ツインソウルの流れの中で、自然にいればそれでいいんです

 

 

目から鱗。

 

そして、目から涙が溢れました。

 

先生の言うことは、表面的には『ツインソウルなら再会するから気にしなくていい』という、理屈ありきのものでしたが、

その空気感は、『私が彼を想うのは間違いではない』『好きなだけ、彼を愛しなさい』という感情が流れ込んでくるようで、こんな執着心だらけの私を、認め、ありのままで良いと、そう言われているようでした。

 

同時に、必死にせき止めていた私の心は、一気に『本当の気持ち』が溢れてくるようでした。

 

 

そう。

私は、彼が好き。

 

こんなにも、自分で思う以上に、彼を想っている。

 

その瞬間、私が求めていたのは、『魂の浄化』でもなく、『手放し』でもなく、

彼を想う自由だと知りました。

 

もう1度、彼に抱き締めて欲しい。

もう2度と、離れたくない。

 

それを、素直に心の底から思えることが、こんなにも解放された気持ちになるなんて、知りませんでした。

 

ブーケを抱きしめる天使の像

 

ツインソウルの知識だけを頭でっかちに詰め込み、情報に左右されて、お金がどうとか、彼の生活とか、想いがどうとか、

 

そうして、私は『人を好きでいる』という、ストレートで単純な事をガチガチに縛り付けていたみたいです。

 

再会する時期を知れたことで安心したっていうのももちろんありますが、私の中で一番変化があったのは、その部分でした。

 

もう、2度と

 

先生が言ったとおり、見事に彼からLINEがありました。

結果的には、さらっと言い当てられたんです(笑)

 

彼は、2年近い間、私に連絡しようかどうか悩み、でも連絡したくないような、いわゆる『好き避け』状態だったそうです。

 

でも、経済的にも落ち着いて、LINEすることに決めたんだそうです。

 

それも、神楽先生の言った通りでした。

怖いですね。占いって。

 

 

程なくして、私は再び、夢にまで見た彼との日々の中に戻ってきました。

 

魂は、成長したのか?

 

私には、それはわかりませんし、もう、そんなこともどうでもいいんです。

 

 

ただ、彼に、1つだけ伝えました。

 

『もう2度と、何があっても離れないで欲しい。今度何かあったら、私も一緒に乗り越える』

 

彼の返事は、軽いキスと、長いハグでした。

 

星空のもとで抱き合うカップル

 

 

これが、私と彼の10年です。

 

今は、幸いランナーとチェイサーの関係に戻ることはなく、音信不通だったのもあの時だけです。

 

 

こちらのサイトの管理人様の体験談が、私と余りにも似ていたので思わず投稿しました。

奇しくも、ツインソウル鑑定士も同じ神楽先生だったのでビックリです。

 

ツインソウルって、どうしてこういうツラい道が用意されているんでしょうね。

 

再会できる時期を言い当てられた神楽先生には、『すごい』の一言です。

 

あのまま音信不通で、未来のわからない日々を送っていたかと思うとゾッとします。

 

これからは、2度と離れないように、彼と歩いて行けたらと思います。

 

【おわりに】あなたの音信不通はいつまで?

 

ちなみに、私の体験談は下の『ツインソウルの相手は既婚者…』に掲載されています。

 

確かに、この方のお話が驚くほど似ていたので、この方と私にも、何か目に見えない縁があるのでは?なんて思ってしまいました

momo

 

ネットやスピリチュアル本に散乱するツインソウル神話ですが、蓋を開けてみればそんな専門的な知識は、余計な干渉なのかもしれませんね。

 

何が正しくて、何が間違いか、それよりも、彼からの音信不通が解除されることが、何よりも大切だと、改めて気付かされたお話でした。

 

もちろん、そうやって思えるのも、彼から連絡が来る時期を知ってこそ。

 

彼の気持ちや、連絡が来る日を知ることが出来るのは、ここでヴェルニの存在を知ったあなただけに許された特権です。

 

神楽先生の元には、今日もツインソウルの悩みを抱えた方が相談に来ています。

 

ツインソウル鑑定を受けた人のレビュー

 

今なら無料鑑定ポイントもつきますので、まずは登録して、『占い師検索』から、「かぐら」と検索してみましょう。

 

運良く予約が空いていれば、今夜にでも相談出来そうです。

 

 

さぁ、ツインの彼と再会したら、何がしたいですか?

 

音信不通だった時のこと、話しますか?

2人で、静かに眠りますか?

 

その照れくさいほどの想い、占い師に話してみましょう。

 

『彼とは、魂で繋がった、運命の人。必ず、再会できる』

 

そう言って貰えるだけでも、心は軽く、幸せになるのではないでしょうか?

 

きっと、不安から遠ざけてくれますよ。

 

神楽先生の口コミと詳細

電話占いヴェルニへ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA