【0円で今すぐ】占いアプリ3つ

拗ねると音信不通になる彼氏!知っておくべき6つの心理と4つの対処

拗ねて膝を抱える男の子

 

『もういい』

『オレの事嫌いなんだ』

『もう連絡しないから』

 

彼氏がこんな風に拗ねてしまって、音信不通になることが度々あったりしませんか?

 

カップルは喧嘩するものでもありますし、それで雨降って地固まるということも間々あるものです。

しかし、こういったケースでは仲が深まるどころか、何度も続けば『また?』となり、少々面倒に感じてしまいますよね。

 

私はお前の母親じゃないんだけど、と。

 

拗ねている男性が連絡を無視するとき、どんな心理なのでしょうか?

また、私たちはそれに対して放置するべきか、それとも構ってあげるべきか、見ていきましょう。

 

この記事を読むことで、彼氏の気持ち、考えが分かり、余計な心配に頭を悩ませる事もなくなり、構ってちゃん男性の適切な扱い方がわかるようになります。

 

『もういい…』拗ねるとすぐ音信不通になる彼氏の心理

・喧嘩するたびに音信不通になるから、正直対応がめんどくさいです

 

・彼は、会えるとか聞いてごめん、もう聞かない、もう会わない、LINEもやめる、と一方的に言い、それに対して私の、なんで?の問いから既読無視

 

・ケンカになると拗ねて音信不通になります。期間が短いときは2日ほどで連絡があるのですが、長い時は1週間ほど連絡しても全く返事がないです

 

一般的には女性の方が拗ねたりするイメージも持たれているようですが、実際にネットに挙がっているのは圧倒的に女性からの悩みです。

今までの私の友人なんかを見てきても、やはり拗ねて音信不通になるような女性はおらず、そういった対応を取るのは男性ばかり。

 

そう、男性は『拗ねて無視する』生き物なのです。

 

いわゆる『めんどくさい人』の中で、女性に多いのは、逆にヒステリックになって彼氏に当たるタイプで、男性に多いのは『ふさぎ込むタイプ』です。

 

拗ねてしまう男性には「ある共通」した考え方、心理があります。

まずはそこから見ていきましょう。

 

スマホに夢中な女性に嫉妬する男性

 

基本的に『構ってちゃん』

 

『彼女が自分以外のもの(LINEやTVでも)に興味を持っているのが面白くない』

『自分とのデートよりも違う用事を優先した』

 

まるで子供のような考え方ですが、拗ねる男性の本心はやはりここに当てはまります。

個人的な偏見ですが、次男や一人っ子の男性はこういった『自分が1番じゃないと気に入らない』という心理を持ち合わせているように思えます。

 

男性の『だんまりを決め込む』という行為は、怒りの表現でもあり、彼氏は何かに怒っているのです。

『なんで理解してくれないんだ』

『なんで自分よりも他の事を優先するんだ』

 

そういった気持ちを吐き出すことが出来ず『わかってくれよ』という気持ちがねじ曲がって音信不通になっていると考えられます。

 

平たく言うなら、あなたは『彼に夢中』じゃないといけない、ということです。

 

実は、こういった男性は恋愛に限らず、職場などでも拗ねる傾向にあったりしますし、実際にそれで周りが右往左往してくれてお世話してくれた経験があったりします。

 

拗ねるのはプライド

 

なぜ、声を大にして『オレを構ってくれ!』と言わないのか。

それは男性のプライドが理由です。

 

支配欲と独占欲の強い男性は、あなたに『ごめんね』『構ってよ』と素直に言うこと=自分が女性の下になったと感じるようです。つまり『彼女に媚びる自分』が嫌なんですね。

 

でも、構って欲しい。

これもやはりめんどくさい上司や子供と同じです。

自分の悪い事を認められなかったりします(ひねた言い方で謝ることはありますが)

 

あくまで拗ねる男性の中の理想は「何も言わなくても理解して、尊重してくれる彼女」なんですね。

 

 

また、音信不通になる背景にもプライドは絡んでいます。

 

『オレはお前と連絡なんか取らなくても寂しくないぞ』というスタンスをアピールすることで、『あくまでオレはどっちでもいいけど、お前が構って欲しいんだろ?』という雰囲気に持っていきたいだけだったりします。

 

俗に言う、『マウントをとりたがる』ですね。

 

モテたくて、プライドが高くて、相手の上に立った気になりたい。

それが男性の一面です。

 

拗ねるのは自信の無さの裏返し

 

拗ねる以外に、あなたを夢中にさせる術がわからない、という心理もあります。

繰り返しになりますが、これもまた子供と同じでもあります。

 

多くの場合、拗ねる男性は自信がなく、社会的地位が低かったり、収入が平均以下だったり、職場で評価を貰えていなかったりと、同世代の男性に比べて劣等感を抱いていたりします。

 

そのため、唯一相手にしてくれるハズのあなたが他の何かに夢中になったり、友達と遊んでいたりすると、不安で不安でたまらないのです。

 

本人ですら気がついていないかもしれませんが、拗ねるということは、他にこれといって男をアピールできる方法を持たない人の特徴でもあります。

 

現実には充実しているように見える人も同じです。

実際の本音を言えるのはあなただけで、その理解者であるハズのあなたが手元を離れそうな不安を感じる…

 

裏を返せば、音信不通にしてあなたを不安にさせることで、あなたの愛情を確認する作業とも考えられますね。

このような男性の場合、構えば構うほど、味を占めて何度も『愛情確認』をしたりします。

 

男は無言になるもの

 

ここまで、『拗ねて音信不通なんて子供なだけ』というお話をしました。

 

ですが、必ずしもそうとは限りません。

 

なぜなら、男性の多くは怒ったときに無言になるもので、これは、『構ってアピール』ではない場合もあるんだそうです。

 

怒ったとき、感情にまかせて言葉を吐き出す女性とは違い、男性は怒りながらも『理論的』な傾向にありますよね?

女性は感情で、男性は頭で物事を考えます。

 

これは動物学的な本能の違いでもあり、人間性だけでは語れない部分でもあります。

 

男性は、『怒りながらも考えて喋る』んです。

 

「これを言ったら不利になるかな?」

「客観的に見て、みっともなくないかな」

「どうやって言い負かそう」

 

といった具合です。

 

その論理的な思考が整理できないうちは、口を開こうとしないのです。

そのため、音信不通期間は必ずしも構って欲しい時ではなく、一人で冷静になり、話を整理していることもあります。

 

拗ねるのは愛情の裏返し

 

とどのつまり、拗ねて音信不通になる男性は、あなたが好きで好きで仕方ない、と考えて良いでしょう

 

本人に言ったらさらに拗ねそうな話ですが(笑

・構って欲しい

・冷静に話したい

・精神的優位に立ちたい

・支配したい、独占したい

・理解して欲しい

 

こういった感情から音信不通を繰り返すのなら、それは根底に『好き』という感情が無ければ成り立ちません。

好きでもない相手に支配欲と独占欲はありませんし、構って欲しいはずがありません。

 

※自然消滅狙いなど、特定の「拗ねていない例」を除いてですが…※

 

拗ねるのはそれだけ心を開いている証拠

いいトシの男が恋人に対してキレることはあっても、拗ねるとか泣くとかはオスとしてのプライドが許しませんから絶対に有り得ません。ただし相手が母親であれば、みっともない無様な自分を晒すこともあるでしょう/※お悩み掲示板より引用

 

男性が拗ねたりワガママを言ったり(態度に出したり)する相手って、お母さんなんです。

 

まだそこまで打ち解けていない相手、かっこ良い自分を見せたい女性に対して、男性は拗ねたりしません。

プライドがありますから^^

 

簡単に言えば、いい年した男性でも「拗ねる」という行為は子供のそれと同じです。

その相手は、母親や自分を大事にしてくれる、して欲しいと願う相手ですよね。

 

彼は、あなたに対して『女性の包容力』『母性愛』のようなものを求めているのです。

 

ですから、『私はお前の母親じゃないんだけど!』と思う心は、ある意味正しい、ということですね(笑)

 

スポンサーリンク

放置はダメ?拗ねて音信不通になる彼氏への対応策

険悪な雰囲気のカップル

 

しかし、拗ねている心理が分かったとしても、音信不通になっている彼にはどう対応すれば良いのでしょうか?

 

放置しておいて、そのまま自然消滅なんていうのも怖いですし、かと言って執拗に構っても逆鱗に触れるか、つけあがるかですよね。

 

拗ねて音信不通になる彼氏には、いったいどんな対応をするのが良いのでしょうか?

 

常習犯は放置がベター

 

やはり、基本的には放置がオススメです。

相手が小さなお子様ならそうはいきませんが、曲がりなりにも良い大人ですからね。

 

特に常習化している男性は、はっきり言って相手にするだけムダです。

『何が悪いの?』と聞けば、あーでもない、こーでもないという答えが返ってくるでしょうが、それは本音ではないのです。

本質は『構ってもらうこと』『自分に夢中になってもらうこと』ですので、彼の言葉を鵜呑みにして、いちいち言葉の表面だけをすくって改善しても、次から次に不満が出てくるでしょう

 

職場にもいたりしませんか?不満を見つけてはネガティブな発言ばかりするような人。

そういう人間と同じです。

 

例えばですが、彼が『月に2~3回しか会えないのが嫌だ』と言ったから、ではあなたはその言葉を参考に、時間を作って月に5~6回にデートを増やしたとしましょう。

 

でも、拗ねるんですね。

 

この場合、彼の本当に言いたい事は、

 

『オレのために出来る限り時間を費やす努力をする女の人がいいよ~!!』

『オレに会えなくて、もっと寂しがってほしいよ~!!』

 

なんです。

 

こういった男性の表面的な言葉に常に反応して振り回されていると、あなたが疲れてしまいます。

 

1度『拗ねることで構って貰える』と学習してしまうと、どんどんワガママはエスカレート。

そのうち『不機嫌になること』がクセになり、理由だってもっと滅茶苦茶になるでしょう。

 

「音信不通になれば、拗ねれば放置される。別れるかもしれない。」

そう思わせることが大切ですし、そうでないとこの先が思いやられます。

 

別れる覚悟がないなら、折れる

 

ですが、放置することは危険も伴います。

どこかで改心してくれれば良いのですが、その生き方で長いこと来ている男性は、簡単に自分から謝ってきたり、連絡を寄越したりしません。

 

そうなると、最悪『意地を張り合って自然消滅』なんていう結末もあり得ます。

 

でも、そこで負けて連絡すれば、やっぱりクセになります。

 

ではどうするのか。

それはやはり『あなたが折れる』しかないのではないでしょうか。

 

それはその人の性格だと割り切って、彼が拗ねても、あなたの心では『ま~たやってる』くらいに受け止められる女性になるしかありません。

 

それこそ、本当に彼のお母さんになってあげることですね。

 

それが我慢できる、覚悟出来るという場合、音信不通もある程度の期間が過ぎたら、あなたから連絡をしてあげて、関係が壊れないようにするのも手です。

 

『ごめんね』は禁句

 

いずれの場合でも、彼に謝るのはオススメできません。

彼に言わせれば『お前のここが嫌だ』という言葉なんていくらでも出て来ます。

 

でも、真に受けちゃダメなんですね。

 

謝るという事は、拗ね気質の男性相手に1番やってはいけない行為です。

 

『ごめんね』『直すから』

という言葉は、彼にとって『服従させた』と感じられ、支配欲と独占欲を刺激します。

 

『オレが正しい。この女は俺の言うことを受け入れた』となるわけです。

精神的にマウントを取りたいのですから、それが上手く行った事を感じるのです。

 

※彼氏は嫌がらせをしたいわけではありません。あくまで愛情から来る感情でもあります※

 

『ごめんね』の数だけ、彼の中ではあなたを支配し、立場は上に立ったと思うでしょう。

そうなれば、当然これからますます彼のワガママは悪化。音信不通だって『俺の好きな時に連絡すれば良い』とさえ考えるようになります。

 

また、拗ねた人間の面倒なところは、『なだめようとするともっと怒る』ことではないでしょうか?

私たちだって経験がありますが、頭に血が上っている時って、何を言われても火に油を注ぐようなものだったりしますよね。

 

なので、『なんで怒ってるの?』『何がいけないの?』『ごめんね!』と執拗に謝るような態度はタブーです。

 

謝らるなら、先に彼の気持ちを代弁してあげるのがオススメです。

『私が忙しくて会えなかったから気分を悪くさせちゃったね。ごめんね』といった具合です。『なんで?ねえ?』というスタンスはNGということです。

他にも、『怒ってるの?』『寂しかったの?』というような、反発を招く聞き方は避けましょう。

 

『理由はこうだよね。ごめんね』という謝り方が1番何も言えなくなります。

 

繊細な男心には繊細な対応が必須

 

先ほど、『考えを整理していて音信不通になることもある』と言いました。

 

ですので、結局の所、正しい対処は彼の気持ちや性格によってケースバイケース、というのが答えになってしまいます。

連絡をすることで上手く行くこともあれば、むやみにつっついて事態が悪化することもある、ということです。

 

放置がベターとは言え、それで自然消滅、なんて元も子もないですよね。

 

拗ねるような男性の心理は、同じ男である響夜先生に相談するのもかなり良い手段です。

女性にはわかり得ない男性の心理を教えてくれると同時に、彼が今何を考えているのか、なぜ連絡しないのか、その本音を鑑定してくれますよ。

それは、彼が口先で言うこと以上の本当の気持ちです。

 

男性の心理を知ることができて、いざこざが解決した、という口コミも多いですよ^^

彼の気持ち、性格を理解するために、こういったサポートを使うのも良い選択です。

 

拗ねて音信不通になる彼氏には正しい対応を!

 

話をまとめますと、

 

【拗ねる男の心理】

・構って欲しい

・考えを整理している

・プライドがあって言いたい事が言えない

・好きな人、心を開いている相手だからこそ

 

【音信不通への正しい対応】

・無視がベター

・むやみに謝らない

・様子を見て折れるのも勇気

・同じ男性である響夜先生に相談して解決する人もいる

 

音信不通になるなんて、子供じみた態度を繰り返されるのは、めんどくさいような、悲しいような…

付き合っているのだから、言葉で伝えて欲しいですよね。

 

また、音信不通になる理由が、実は上記のケースに当てはまらない事もあります。

ただ拗ねているだけなら可愛いものですが、中には『拗ねたフリ』をして、都合良く音信不通になる場合だってあります。

 

理由は…言うまでも無いでしょうか。

 

彼氏の音信不通の真実を知った体験談や、別の真実もありますので、続けて以下の記事をご覧下さい↓

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA