【0円で今すぐ】占いアプリ3つ

元夫婦が復縁のきっかけになった事5選【子供だけが理由じゃない】

結婚式のカップル(白黒写真)

 

『熟年離婚』という言葉を頻繁に耳にするようになったのは、ここ何年かでしょうか。

良くも悪くも簡単に離婚できる時代だからこそ、復縁したいと考える夫婦も比例して多くなっているようです。

 

あなたも、新しい生活に問題を感じ「やり直したい」と思っているのではないでしょうか?

 

 

きっかけさえあれば、人の関係とは短期間で変わるものです。

 

夫婦復縁するきっかけ」になった事例を見ていきましょう。

 

 

後半では、あなたにも再現性のある確かな『きっかけ作り』もご紹介致しますので、ゆっくりご覧ください。

 

どうやって復縁した?夫婦がやり直すきっかけになったこと

 

1度離婚した夫婦がもう1度家庭を築き上げるのは簡単な事ではありません。

世の中のカップルの復縁割合が2~3割あるのに対して、離婚した夫婦が復縁する確率は1割ほどと言われています。

 

もちろん、ここには『復縁なんて考えてもいない』といった人も含まれているので、もしも全員が再婚を望めば、この限りではありませんが。

 

さて、そんな元夫婦の二人がやり直すには、どんなきっかけ、足掛かりが良いのでしょうか。

5つご紹介します。

 

子供

ベッドに座る幼い女の子

 

やはりいらっしゃる夫婦にとっては、子供こそ復縁へのきっかけになることが多いようです。

 

子供がいるかいないかといった違いは非常に大きく、

二人のお子さんがいるということは、ありとあらゆる場面で夫婦を完全に断ち切る事を防いでくれます。

 

養育費の連絡

相手の祖父母に会うため

書類上の関係で

記念日や誕生日

子供が逢いたがって

 

などなど、色々なケースで別れた相手に連絡する必要が出てきます。

 

『母親がどうしても保育園に迎えに行けず、別れた夫に行って貰ったことから、復縁に至った』

なんていう話もあるそうですよ。

 

 

そして、やはり一番ストレートで強力なきっかけとなるのが、子供からのお願いでしょう。

 

子供にとってお父さんとお母さんは唯一無二の存在です。

 

いくら経済的に余裕があっても、おじいちゃんお祖母ちゃんが優しくても、

『お父さんに会いたい』『仲直りして』と言われたら、どんな夫婦でもやり直す方向で考えるのではないでしょうか。

 

復縁のきっかけはもちろん、離婚しないように繋ぎ止めたり、はたまた時には二人の喧嘩を和解するお子様は、時として頼りになる存在でもあります。

 

momo

もちろん『復縁したいから』と思ってもいないことを子供に言わせる、なんて行為はNGですけどね

 

経済的な理由

金色のブタの貯金箱

 

復縁のきっかけとして子供と同じくらい多いのが『夫の収入がないと暮らしていけない』といった経済的な理由。

きっかけとしては、直接連絡を取るパターンです。

 

 

どうしても仲が悪く別れたはいいものの、女性の独り身で新たに就職するのは困難です。

出来たとしても給料の安いブラック企業やパートのかけもち、水商売などで、体力的にも早いうちに限界となってしまうようですね。

 

 

『生活苦で仕方なく』と、別れた夫に生活費を工面してもらい、

男性から、もしくは女性側から『やっぱり一人じゃ…』という流れになります。

 

夫婦でいるときから共働きであった場合はまだしも、男性の稼ぎにほとんど依存しているようなご家庭では

『別れたいけど、一人ではお金がないから』と、そもそも離婚に踏み切れないケースもあります。

 

勢いで別れるにしても、別れないにしても、自立出来るだけの収入がないと身動きがとれなさそうですね。

 

この場合『復縁のきっかけ』というよりは、仕方なく、といったニュアンスになるでしょうか。

 

一人の時間があって、色々な事を感じた

鉄骨の橋に佇む男性の後ろ姿

 

『鬱陶しくて仕方なかった妻が、どれだけ暖かい存在だったか気付いた』

『一人で何でも出来るつもりだったが、いざ離婚したら部屋は散らかるし、洗濯もままならない。主婦業と仕事を両立していた妻に謝りたい』

『帰ってきて、コンビニ弁当を食べ、一人で眠る。ただただ虚しくなった』

 

こういった意見は男性から多いようです。

 

 

ずっと二人で生活していると、人は相手の嫌な部分しか見えなくなってしまうもの。

離れてみて初めて、妻のありがたみや家庭の暖かさを感じることがあるようです。

 

また、一人になることで冷静になることもあり、お互い以前の生活に対する反省点や後悔が芽生え、

 

『もっとこうすれば良かった』

『次はきっと…』

 

という思いが募り、耐えきれずどちらかが連絡…なんていうパターンは王道とも言えるでしょう。

 

これは夫婦に限らず、男女間では起こり得ることです。

 

お互い離れている間に色々な事を考え、学び、そして再び同じ人生を歩む決意をしているので、

再婚した夫婦の離婚率は極端に低くなるようです。

 

業者に依頼した

オフィスでスマホを弄くる金髪の女性

 

びっくりされるかもしれませんが、そういったサービスを利用されて復縁する方は一定数いるそうです。

 

『そういったサービス』とは、

いわゆる『復縁工作』や『占い』『探偵』です。

 

 

なぜなら『きっかけを作ろう!』なんて考えたところで、無理矢理にきっかけを作るのは不可能に近いから。

 

 

お子様がいたり、偶然街で再会したり、共通の友人がいて…

といったケースがほとんどになりますが、

 

これらは全て偶然でしかなく『きっかけになった』とは言えても、狙ってどうこうできることではありません。

 

 

どんなに他人の『復縁エピソード』を聞いたところで、夫婦の形は十人十色。

 

再現性がなく「家にはムリだ…」となってしまいがちです。

 

 

そこで第3者を装って近付いてみたり、占い師の力を頼って、

 

●相手の本音

●復縁を阻害しているもの

●きっかけ作り

 

こういった事をプロに行ってもらうのが確実となります。

 

復縁工作は費用もハードルも高く、相手に発覚するリスクもありますが、占いなら自宅で安く利用でき、ばれるリスクもありません。

 

今なら無料ポイントもありますので、お金を払わずに試してみてもいいかもしれませんね。

復縁に強い占い師ランキングが参考になります。

 

復縁までに最も必要なことは?

 

夫婦が復縁するまでに大事なことは2つ。

 

1・連絡を取り合っていること

2・第3者の後押しがあること

 

ではないかと思います。

 

 

やはり復縁した夫婦の多くが、事務的であれなんであれ、連絡を欠かさなかった結果、ヨリを戻しているようです。

 

理屈は簡単で、連絡を取ることが『自然』だから。

 

やはり別れた後に一番のハードルとなるのは、LINEを送る、電話をする、といった行為。

別れても何らかの事情で連絡していた場合、この大きなハードルがフリーパス。

食事に誘ったりするにも違和感がなくなるからでしょう。

 

 

やはり顔を合わせていたり、メールのやり取りでもしているような間柄と、

完全に『過去の人』になってしまった間柄では大きな差がありそうです。

 

 

そして、カップルの元サヤならともかく、離婚した夫婦が戻るには、第3者の意見も重要になってきます。

 

例えば、二人のご両親や、お互いの同僚。

 

『やり直すなんて、反対だ!』と言われているのか、

 

『イイ人だったんだから、再婚しなよ』と後押しがあるのかでは、まるで違いますよね。

 

結婚、離婚したときに迷惑をかけていたりするとなかなかそうはいかないかもしれませんが、味方は多いだけ良いもの。

 

 

特に、夫の友人や上司などが追い風になってくれたら、これほど心強いことはなく、

下手したら『きっかけ』を作ってくれるかもしれません。

 

『きっかけ』は自分から作らないとない

 

最後になりますが、やはり受け身で『何かきっかけさえあれば…』と構えていても、

そう簡単にきっかけがやって来るとは考えにくいもの。

 

子供、事務的な連絡、直接のLINE…

 

これらは全て『理由ありき』なので、偶然のきっかけといえば、ばったり再会するくらいしかありません。

 

それを待っていては、復縁どころかおばあさんになってしまいそうです。

 

 

やはり、きっかけは『勝手に来るもの』ではなく、自分から作るもの、という意識が大事になります。

 

『なんとか連絡する口実はないか』

『私が必要とされるには、何を埋めてあげればいいか』

『復縁するための理由になるものは?』

 

と、一人一人、試行錯誤するしかありませんね。

 

 

もし、連絡すらままならない、話も聞いてもらえない、という場合には、

先に挙げた『そういったサービス』の活用もありかなと思います。

 

 

コーヒーカップ片手に談笑する男女

 

きっかけさえあれば意外と円満に再婚し、以前の二人が嘘のように幸せになった。

という話は、少なくはないですよ。

 

momo

こんな記事を読むともっと復縁しやすくなります。続けてご覧下さいませ

もっとやり直せる復縁の記事

 

相手が復縁したくなる魔法の言葉を知っていますか?

 

LINEで復縁するならこの言葉を送ると良さそうです

 

復縁の協力者がいない方にはこちらの記事が役立ちます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA