【0円で今すぐ】占いアプリ3つ

結婚後に旦那の過去の嘘が発覚したら、すぐ離婚するべき【3つの理由】

旦那 過去 嘘 結婚後 発覚

 

強気なタイトルになってしまいましたが、

もちろん離婚せずに考え直した方が良いケースというのもあります。

 

しかし、基本的には結婚後に重大な嘘が発覚したら、離婚するべきだと考えます。

なぜなら、このページを開いている時点で、それはあなたにとってただ事ではないから。

 

辛いですよね?

旦那の過去の嘘」「結婚後に発覚した嘘

 

いくら前を向こうと思っても、

なにを信じればいいのかもわからず、夫が気持ち悪い生き物に思えてくる。

 

「わたしの人生をなんだと思ってるの」

「この先、過去を受け入れて生きているかな」

「どうして、結婚前に見抜けなかったのだろう」

 

猜疑心と裏切られた気持ちで、夜も一緒に眠りたくないのではないでしょうか。

 

 

このページでは、

 

1・離婚せず前向きに考え直すべきケース

 

2・離婚しても仕方ないといえるパターン

 

3・離婚はできるのか【慰謝料などについて】

 

4・嘘が許せなかったら離婚するべき理由

 

この4つをお伝えします。

 

離婚は大事な決断です。

あなたの今後50年をムダにしないために、今の5分で必ず最後までご覧下さいませ。

 

旦那の過去の嘘|離婚は待つべきパターン3つ

旦那 過去の恋愛 嘘

 

まずは「離婚はちょっと待って」というケースから。

なるべくなら、やはり離婚なんてしない方が良いワケですからね。

 

以下の3つに当てはまる場合、これはちょっと冷静になった方が良いでしょう。

 

●恋愛や女性関係に関するウソ

 

●少額のお金に関するウソ

 

●お子様がいる場合

 

momo

もちろん「考え直した方がいい」というだけで「ゼッタイに離婚してはダメ」ではありません

が、少し時間をおいて気持ちを静めた方がいいと思うケースをご紹介します

 

旦那が過去の恋愛で嘘をついていた場合

 

過去の恋愛、女性関係についてウソをついていた場合は離婚を踏みとどまるべき。

 

もちろん、悪質なものに関しては待ったなしですよ?

●婚約している状態で二股していた

 

●結婚後にも繰り返し浮気していた

こういう場合は痴話げんかでは済まないと言えます。

 

しかし、

●付き合い始めに元カノとまだ関わりがあった

 

●昔は遊び人で、複数の女性と付き合ってた

 

●風俗が好きだった

 

●男女のグループで遊んでたことを隠していた

 

●合コンに参加していた

といった「結婚するよりもっと前の女性関係」については目を瞑るべきです。

 

このあたりは程度の問題ですね。

 

 

人間ですから、乱れた恋愛を過去に持つ方は少なくありません。

というより、水商売のひとつくらいは行っていない方のほうが少ないでしょう。

 

momo

うちの夫なんて今でもウソついてキャバクラ行きますし

 

それをあなたに隠していたのは、

旦那さん自身が「恥ずかしいこと」と自覚し、あなたを傷つけると知っていたからに過ぎないんですね。

 

世間一般に見れば、極めて正常な範囲です。

そこを掘り起こして「許せない」というのは、貞操観念が行きすぎていると言えるでしょう。

 

過去の恋愛に対する嫉妬心というのは、

必ず時間とともに薄くなっていくものです。

 

結婚は恋愛の延長ではないので、やがて気にならなくなると考えましょう。

 

少額のお金に関するウソ

 

ちょっとしたお金に関するウソ。

これも個人的には見逃して良いかなと思います。

 

●給料を安く深刻されていた

 

●貯金をギャンブルや浪費に使い込んでいた

 

●結婚指輪が申告より安かった

 

というのも、この程度ならどこのご家庭でも起きているからです。

(良いことではないんですけどね)

 

「へそくりを持っていた」とか「臨時ボーナスを隠していた」とかね。

 

 

ただしこれは、「少額で許容できる範囲」に限ります。

「何十万もギャンブルに使い込んでいた」「ものすごい借金があった」なんていう場合は逆に離婚するべきですよ。

 

お子様がいる場合

 

お子様がいる場合は、言わずもがな勢いで離婚というワケにはいきません。

 

この場合に考えるべきは

●離婚しても経済的に苦しくならないか

 

●子供にとってどちらが快適に生きていけるか

といったことでしょう。

 

あなた様の精神状態にもよりますが、

「嘘つかれた!」「離婚!」というカンタンな図式ではないことは、あなたが1番欲ご理解されていることかと存じます。

 

夫の過去の嘘|結婚後に発覚したら離婚するべきケース

旦那 過去 嘘 結婚後 発覚

 

●恋愛に関するウソ

 

●少しのお金に関するウソ

 

お子様がいる場合を除けば、

こういったちょっとしたウソに関してはもうついて回るものだと覚悟した方が良いです。

 

momo

男性ってなんかこう、くだらない隠し事しますから

 

では逆に、どんなウソだったら離婚するべきなのか。

深刻なウソは、以下に該当するときだと言えるでしょう。

 

●婚姻歴

 

●仕事や身分

 

結婚となると、恋愛的な問題よりも、こういった社会的な問題のほうが大変です。

2つの看過できない「ウソ」を見ていきましょう。

 

婚姻歴に関する嘘

 

●バツがあった

 

●子供がいた

 

ウソとして隠しておいたのであれば大問題。

 

バツがあったことや子供がいることが問題なのではありません。

これだけの事実を、あなたが知らずに結婚してしまった事が問題となります。

 

恋愛歴であれば気持ちだけの問題で済みますが、

婚姻歴となればそうはいきません。

 

慰謝料や養育費などの問題もあるでしょう。

お子様に隠れて会っていたかもしれません。

 

過去の婚姻歴は、いまのあなたにも関わってくる問題です。

 

仕事や身分がウソだった

 

●働いていると思ってた会社が違った

 

●身内の肩書きなどもまったくのウソ

 

●学歴などを偽っていた

 

これは悪い言い方をしてしまえば「結婚詐欺」とさえ言えます。

それを踏まえて結婚された方にとってはとんでもないウソになりますよね。

 

恋愛に関するウソは、まだ可愛げがあります。

しかし、社会的な肩書きを偽るというのは悪意そのもの。

 

今すぐ詐欺師とは縁を切ることをオススメします。

 

旦那の過去の嘘が発覚|すぐ離婚するべきです【3つの理由】

旦那 過去 嘘 結婚後 発覚

 

離婚を待つべきケース
●程度にもよるが、女性関係についてのウソ

●少額のお金に関する誤魔化し

●お子様がいて、離婚後が不安な場合

離婚待ったなしのケース
●婚姻歴がウソだった場合

●地位や職業などがデタラメだったとき

 

こんな目安を出してきました。

 

しかしこれはあくまで世間一般のライン。

 

冒頭でもお話したとおり、

ウソをつかれた事が許せないなら、今すぐ離婚を考えるべきでしょう。

 

わたしがそう思う根拠は、以下の3つです。

 

●ウソをつく人は繰り返す

 

●傷は癒えないもの

 

●決めるのはあなた

 

ウソをつく人は繰り返す|反省していない

 

ウソをつく人って、そういうクセがあります。

 

確かにそれは、あなたを傷つけないためだったり、

いちいちムダに争わないための知恵だったりもします。

 

だけど、やっかいなのは、

ウソをつく人は「悪いと思ってないこと」なんです。

 

きっと、あなたのご主人もそこまで大それたウソをついているつもりはないと思います。

「過去の話なんていいじゃないか」とあぐらをかいているのではないでしょうか。

 

そのウソによってあなたがどれだけ傷ついたか。

それを真剣に受け止めてないし、これからもそれは変わりません。

 

「ウソをつくことに対する温度感の差」

これって、じつは性格の違いで、埋まらない溝なんですよね。

 

不信感は癒えない

 

そして、不信感というのはずっと消えません。

 

「いつかはまた信じられるかな」なんて期待するかもしれませんが、

1度できてしまった傷というのは、思いのほか、夫婦生活に影を落とします。

 

もちろん、いつかはその不信感も回復し、元の健やかな夫婦になれる日も来ます。

だけど、それには膨大な時間がかかるものなんですね。

 

20年、30年とまた関係を構築していく。

それでも、またウソをつかれるかもしれない。

 

その覚悟がないなら、

関係を清算した方がラクなのではないでしょうか。

 

結局は許せるかどうか

 

結局、カレと生きていくのは他の誰でもないあなたです。

 

世間一般に見れば、

 

「子供のような嫉妬」

「つまらないことへの執着」

「蒸し返す必要のない過去」

 

そう言われるかもしれません。

 

だけど、あなたはそれが許せなくて、辛いんですよね?

 

 

その物差しは、世間ではなく、あなたが持っています。

だから、あなたが離婚を考えるなら、まず優先するべきはあなたのココロ。

 

「もうやっていけない」と感じるなら、もうやっていけないのです。

 

過去に嘘をついていた旦那と離婚できるのか

過去の嘘 離婚 嘘をついて結婚 慰謝料

 

ちなみにですが、旦那さんの過去にウソがあったとして、

それを理由に離婚はできるものなのでしょうか。

 

これは結論から言うと、ウソによりますが、ほとんどできません。

 

騙されて結婚をした場合、詐欺を理由として婚姻の取消ができる場合があります。しかし、取消が認められるためには、「本当のことを知っていれば結婚するはずがない」というような重大な嘘をつかれたことが必要です。

【引用】https://www.adire-rikon.jp/faq/94.html

 

例えば、

●他にも結婚していた(重婚)

 

●極端に収入を偽っていた(無職など)

 

●ものすごく沢山の恋人がいる(結婚しても)

というレベルの場合でない限りは、「離婚する理由」とは判断されないんですね。

 

momo

それこそ「過去の恋愛歴」なんていうのは、夫婦関係の継続には関係ないと判断されます

 

注意
これは「裁判で離婚する場合」です

お互いが納得して離婚する「協議離婚」の場合はいかなる理由でも認められます

あくまで相手が離婚に応じない場合に「ウソが強制力を持つかどうか」というお話ですよ

 

嘘をついて結婚|慰謝料はどうなる

 

慰謝料についても、ウソを理由にとることは難しいというのが専門家の見解のようです。

 

離婚と同じように、

●悪質性

 

●あなたがうけた実害

 

●結婚歴の長さ

これらを考えて、ようやくいくらかとれるかもというレベル。

 

momo

わたしは専門家ではないのであまり詳しくは申し上げられません

ケースによって変わってくるので、詳しくは弁護士さんに相談してみるようにしましょう

 

離婚した方が良いのか悩むあなたへ

 

「ウソは許せないけど、離婚するべきかわからない」

「今後、夫とうまくやっていけるか自信がない」

 

そんな方は、占い師への相談が気持ちを明るくしてくれます。

 

占いと言っても、無料の遊びのような占いではありません。

お金はかかりますが、そのぶん本格的な当たる占い。

 

占い師に相談することで、

●どこまでウソをついているのかハッキリわかる

 

●夫がいま、なにを考えているか聞く事ができる

 

●離婚するべきか、迷いにアドバイスをくれる

 

●苦しい気持ちを寄り添って聞いてくれる

といったように、

迷いと辛い気持ちへの手助けができるでしょう。

 

ここには、ウソも見栄も、一般論もお説教もありません。

ただひたすらに、あなたの壊れたココロに向き合ってくれる人がいます。

 

「夫のついたウソがアタマをぐるぐるしていて辛い」

そんな方は、相談してみることで得られるものがありますよ。

 

momo

夫婦問題でしたら、琴里先生当たりがオススメですよ

 

【琴里先生の夫婦問題に関する相談】

 

 

旦那の過去の嘘|結婚後に発覚したツライ嘘からは逃げよう

旦那 過去 嘘 結婚後 発覚

 

ということで、繰り返しですが、

世間一般の基準よりも、いまあなたが「耐えられない」「離婚したい」と考えるなら、離婚して良いと思います。

 

きれい事を言えばこうです。

「夫婦なんだから、そういう問題も乗り越えて生きていくべき」

 

ツライことからも逃げ出さず、

いつかはその嘘も笑い話に…なんてね。

 

 

だけど、わたしは、

人間って、ツライなら逃げるべきだと思うんですよね。

 

このご時世、

離婚は恥でもなんでもありません。

 

そのウソが一生あなたたち夫婦に溝を生み続けるなら、

新しい人生に向けて動き出す方がゼッタイいいと思います。

 

もちろん、すべては自己責任ですが。

 

momo

他にご夫婦のお悩みはありませんか?こんなページもご用意していますよ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA