【0円で今すぐ】占いアプリ3つ

【波動修正の好転反応】誰にでも起きる7つの変化※勘違いに注意※

上昇するイメージ

 

自分で行うにせよ、能力のある方にやってもらうにせよ、波動修正を行っていく中で『好転反応』と呼ばれる症状に襲われる方もいます。

 

あなたはどうですか?

眠くなったり、だるくなったり、頭痛がしたり、何かしらの変化を感じてはいないでしょうか?

 

この記事では、波動修正における好転反応の例を7つご紹介。

合わせて、好転反応に対する知識と乗り越え方も解説します。

 

結論から言えば、好転反応が出るのはとても良いことです。

小さな事でも、その変化を見逃さないようにして認識すれば、波動修正の効果はますます出るようになりますよ。

 

波動修正の好転反応|波動が上がったかどうか見極めよう

金色,数珠,波動

 

『好転反応』と聞くと、頭痛やだるさなどの体調の変化をイメージするかもしれませんが、実はそれだけではありません。

意見が分かれるかもしれませんが、私は『変化』という意味なら、人間関係や持ち物など、様々な部分に現れるものだと考えます。

 

【注意】好転反応と間違いやすい症状

 

…と、その前に気を付けたいことがあります。

 

それは『ニセ好転反応』

 

ニセ好転反応の症状ですが、これは普通の好転反応とほとんど同じ。

その見分け方が難しくもあります。

 

波動修正は一歩間違えるとさらなる波動の悪化を招いたりします。

自分で行うときには注意が必要ですよね。

 

波動が低下したときにも下記に挙げる好転反応と同じような症状が現れますが、それはただ単に悪い事が起きているというだけで決して良いものではありません。

 

一概に『この頃体調がすぐれない…好転反応かな?』とは言えないので、可能であればきちんと波動が見える先生などをメンターに置くようにしたいですね。

 

前置きはこのくらいで…

波動修正による好転反応には次のようなものがあります。

 

イライラする、気分が落ち込む

 

精神状態が不安定になったり、自分にとって良くないこと、邪魔することが起こります。

 

これはそれまでの悪しき習慣や、波動の低下の原因となっていた低級霊の仕業。

また、自身の潜在意識が変化を嫌うために起こることです。

 

つまり、『元のあなた』に引きずり下ろそうとしてくるんですね。

 

体調が悪化する|頭痛など風邪のような症状

 

●頭が痛くなる

●熱が出る

●咳や鼻水が出る

●吹き出物が多くなる

●だるくなる

 

などなど…

体に出る好転反応は本当に人それぞれ。風邪のときでも症状は十人十色ですよね。

 

人によっては耳鳴りが止まなかったり、皮膚のかゆみなどもあるでしょう。

いずれにしても、体調の悪化は好転反応の代表的な症状の1つです。

 

眠くなる

 

人は高次元のエネルギーに触れることで強烈な眠気を感じるもの。

活字だらけの本を読むと眠くなるのも同じ原理ですよ。

 

眠気は波動修正の様々なタイミングで訪れますが、大きく分けて2つのシーンでしょうか。

 

1・誰かに波動修正してもらった直後

2・波動が良くなっていく過程で

 

1の場合は先ほども言ったとおり、高次の波動に触れたことが原因です。

それはつまり、あなたの波動が悪かったという証拠でもあります。

(波動が同じならこういった症状はありません)

 

例えば、月凰先生の波動修正では『眠くなった』『安眠できた』という口コミも非常に多く、いかにけた違いの波動を送ってくれているかが分かりますよね。

 

 

そして2の場合は『変化に伴う眠気』

好転反応という意味ではこちらが正しいでしょうか。

 

あなたの波動が変わるにはエネルギーが必要なため、純粋に疲れて眠くなるんですね。

また、人が眠っているときには潜在意識に入り込んでいたり、霊的な存在とコンタクトをとっているという話もあります。

 

眠気に関しては諸説ありますので、詳細は割愛させていただきます。

現在進行形で眠い方は、こちらの記事をご覧下さい。

関連:引き寄せで襲う眠気の正体

 

合う人が変わる

 

人間関係にも好転反応はあります。

それは、『人間関係が変わる』ということ。

 

例えば、『今まで気が合うと思っていた人と話が合わない』とか、場合によっては仲の良かった人が疎遠になったり、攻撃的になったりもしてくるでしょう。

 

これはその人とあなたの波動が合わなくなるため。

『気が合わない』の『気』を波動だと思えば分かりやすいかと思います。

 

性格や思想にも変化が出てくるので、『自分はなんでいままでこんな人と同じ次元で生きていたんだろう…』なんて感じたりもします。

 

孤独になる|出会いがない

 

先ほどの延長ですが…

 

気が合わない人が出てくる一方で、もちろん波動が合う人も出てくるでしょう。

これが波動修正が復縁や恋愛成就に繋がりやすいと言われている所以でもあります。

 

しかし、その変化にはタイムラグがあったりするもので、人によってはその間にいったん孤独になったりします。

 

転校の経験はありますか?

 

新しい学校に移動すれば、それまでの友達とは離れ、違う友人ができます。

でも、それまでに時間がかかったりしますよね。そういうことです。

 

持ち物が壊れる|紛失

 

運気の転換期によく見られる現象ですが、持ち物が壊れたりなくなったりします。

 

波動は人間だけでなく、物にもあるもの。

パワーストーンなどが良い例ですね。

 

先ほどの人間関係と同じように、物とも『気が合わない』ということが起こるんですね。

 

スマホが壊れたり、大切なアクセサリーがなくなったり、お金が出ていってしまったり…

好転反応のヒントは様々な所に隠れていると言えるでしょう。

 

動物が寄ってくる

 

犬や猫はもとより、スズメやフェレットなど人間よりも動物の方がオーラに敏感です。

と言うよりも、『人間だけが』オーラを見る能力を失ったという方が適切でしょうか。

 

遥か昔には私たち人間にも波動を見る能力はありましたが、文明の発達とともにその能力がなくなったとされています。

古代の壁画には人の後ろにオーラのような模様が多く描かれたりしていますよね。

 

動物にとって、運気の悪い場所や波動の乱れた人は本能的に避けるもの。自身の破滅に近づくことはしません。

その本能に忠実に従って行動しているんですね。

 

例えば、同じ初対面でも、猫が寄りつく人と寄りつかない人がいますよね?

あれも一説には波動が関係していると言われています。

 

今まで動物に無条件に嫌われていたのに、急に寄ってくるようになった…

好転反応とは違うかもしれませんが、そんな時には波動が良くなっていく証拠になっているのかもしれませんよ。

 

波動修正における好転反応が出てもとにかく継続|最小限に抑えて乗り越える方法

鼻を押さえる女性

 

いくら好転反応が状況が良くなる前触れだとしても、あまり日常生活に支障を来すほど続いたり重症化してしまっては困りますよね。

 

好転反応は当たり前に起こることで、なかなか0というわけにはいきません。

しかし、好転反応に対する知識と対処法を知っておけば、最小限に抑える事は可能になります。

 

ここからは、好転反応が出たときの対応をご紹介します。

これを知らないと、せっかく良くなりかけた波動も元通りになってしまうかもしれませんので、ざっと目を通して頂ければと思います。

 

好転反応ってなんなの?

 

カンタンに言えば、好転反応とは『毒抜き』の時間です。

 

好転反応とはもともとは医学用語で、不調が回復する直前に一時的に体調が悪化する現象を指す言葉。

肌がキレイになる前にニキビができたり、風邪が治りかけに下痢が続いたりしますよね。あれと同じです。

 

また、それとは別に『変化に伴う痛み』とも考えられます。

運動をすれば筋肉痛が起きるように、波動が変わろうとするときには痛みがあるということ。

 

人には根本的に『変わりたくない』という心理があります。

(行動経済学では「現状維持バイアス」とも言います)

 

なればこそ、波動が良くなる、人生が好転するという状況でも、潜在意識のどこかで『めんどくさいからこのままでいいじゃん!』という自分が顔を出すんですね。

それが原因で身体に不調を来したりもするもの。

 

誰だって、新しい仕事や環境が変わるときには疲れたり眠くなったりもするでしょう。

好転反応とは『成長痛』の1つであると捉えるのが良さそうです。

 

疲れたら休もう|体と魂は繋がっている

 

好転反応が毒抜きや変化に対する痛みだとすれば、あなたは知らず知らずに多くのエネルギーを消費していることがわかるかと思います。

疲れというと肉体的な疲れ、つまり現実的な疲れだけを想像しがちですが、魂も同様に疲れます。

 

そして、魂と身体は繋がっています。

当たり前ですけどね…^^;

 

ですから、好転反応が辛いときにはムリに逆らわないで休めるときには休む。

身体が元気になれば、もちろん魂も回復します。

 

波動修正の好転反応は数日~長くても1カ月ほどで収まるのが普通ですので、あまり慌てたり焦る必要はありませんよ。

 

良くないのは、好転反応だからと波動修正を加速させること。

 

筋トレだってやりすぎればオーバートレーニングになります。

あくまでいつも通り。淡々と波動修正していくようにしたいですね。

 

毒素はどんどん吐き出すべき

 

なぜ好転反応が長引くのかと言えば、それだけ心に毒が溜まっているから。

言い替えれば、それだけ波動が乱れているからに他なりません。

 

そんなときには思い切ってどんどん愚痴や悩みを吐き出すのもオススメです。

もちろんネガティブな言葉は吐きすぎてもいけないのですが、どうしても誰かに話したいほどのネガティブな感情は出しても良いと私は考えます。

 

だけど、その時に注意したいのは、波動の低い人を相手に毒抜きしないこと。

 

愚痴を言う人の周りにはやっぱり愚痴の多い人が集まるように、好きなようにネガティブな感情を吐き出してしまうと波動が同調してしまうこともあります。

 

なので、愚痴や悩み、悪口を吐き出す相手は自分より波動が高い相手や浄化できる人に限ります。

友達同士で悪口大会をしないで、ちゃんと先生に相談しましょうっていうことです。

(っていう私も、ついつい八つ当たり的に毒を吐いてしまうこともあるのですが…^^;)

 

例えば、誰にもバレないように毒抜きするなら電話占いなんかも良いですね。

同時に波動修正が得意な占い師さんを当たれば、ますます良い波動に変わっていきますよ。

 

関連:波動修正が得意な占い師はこちら

 

そして、心に溜まった妬みや僻み、ネガティブな感情を吐き出した後には、『ありがとう』と感謝の気持ちに変えていきましょう。

 

好転反応は気にしない|波動修正で明るい未来を

バイオリズムを整える

 

波動修正での好転反応は、そう長くは続きません。

誰にでも起こる自然な現象で、むしろ見方を変えれば『確実に波動が変わってきている』という証明にもなりますよね。

 

じきに収まっていくものですし、重大な被害はないと考えて良いです。

 

もし、何日も不調が続くとか、日常生活に支障を来すレベルの好転反応があれば、それは好転反応じゃなくて普通に病気の可能性もありますので注意です…

 

『ちゃんと波動修正の好転反応か確認出来る』という意味でも、独学の波動修正ではなく、1人は先生がいるのが理想的です。

 

好転反応まで起これば、幸せな未来はもうすぐそこまで来ています。

あまりマイナスに受け取らず、前向きに受け止めていきましょう。

 

波動修正に関する記事は他にもあります。

お時間があれば続けてご覧下さいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA