【0円で今すぐ】占いアプリ3つ

既婚者に離婚を決意させる全手順【これで別れなかったらムリです】

真っ赤な1輪の薔薇

 

『そのうち離婚するから』とか、『まだちょっと…』なんて、いつまで経ってもどっちつかずの彼氏。

奥さんを大事にしたいのか、あなたを大事にしたいのか、ハッキリして欲しいですよね。

 

それぞれ事情はありますが、離婚するしないなんて、究極な事を言えば男性の決心1つです。

 

その日に離婚する人もいれば、100年経っても離婚しない人もいるもの。

それを待っていては、あなただって辛いし、時間の無駄になってしまいます。

 

いついつまでも奥さんとあなたを同等に扱われていては、本当に愛してくれるのか、幸せになれるのか不安ですし、まるで自分が安く扱われているような気さえしてくるはず。

 

ここは、あなたが彼の離婚を後押ししてあげましょう。

離婚を決意させる方法』をご紹介します。

 

●普通に離婚を決意させる方法

●ある程度強制的に離婚させる方法

●知らない方が良い奥の手編

 

3つのパートに分けてご紹介します。

 

長文になりますが、1つ1つしっかり読めば、必ずあなたのヒントになります。

この記事を読んで行動すれば、彼はあなたを優先し、あなたとの未来を2人で描いてくれます。

 

長くなっていますので、目次もご活用下さい

momo

 

離婚を決意させる方法|マインド編

抱きしめ合うカップル

 

離婚を考えさせるマインドや行動から見ていきましょう。

最初は少しありきたりな話になってしまいますが、それでも大切なのでしっかり掲載していきます。

 

『そこまで明日あさってを争う程ではないが、じっくり離婚に向けて考えて欲しい』

『あまり事を荒立てるような事はしたくない』

 

そんな方に向けた内容になっています。

 

ムリに離婚を迫っても幸せにはなれない

 

こんな事は言われずともあなただけは大丈夫だと思いますが、再確認の意味を込めて。

 

不倫関係にあると、どうしても焦りや嫉妬の感情から、彼を追い詰めるような言動になってしまいがちです。

しかし、恋愛は追えば逃げられるもの。

 

人は強制されればされるほど嫌がりますし、しつこく離婚を迫ればあなたのことを『ちょっとこの女はムリだ…』と思われかねません。

 

ストレートに離婚を迫ってみれば結果は丁半。

OKかもしれませんし、ダメかもしれません。

 

でも、そうして強引に離婚をさせたとしても、離婚がゴールではありません。

むしろスタート。

 

準備も覚悟もない状態であなたとの生活をスタートしたとしても、破綻する可能性はグッと上がるでしょう。

『お前が急かすから』なんて言われる未来は避けなくてはなりません。

 

あくまでムリに離婚を迫ったり、彼が困るであろう言動は控えるべき。

彼の方から『早く別れなければ』と思ってもらう事が目的になります。

 

離婚までの期間をハッキリ決める

 

いまあなたは、どんな状況ですか?

彼の事が好きで、だけどどうしたらいいかわからなくて、自分の気持ちに左右されて…

 

『幸せになれないかも…』っていう気持ちを誤魔化しながら不倫していますか?

 

辛いかもしれませんが、ここは期間をハッキリ決めてしまうのがオススメ。

あまり厳密に決める必要はありませんが、彼に『このくらいまでに決まらなかったら考え直すね』と伝えましょう。

 

具体的なタイムリミットを伝える事で、彼の決心も固まったりします。

 

その期間ですが、1年がベスト。

期間については、こちらの記事で詳しく説明しています。

 

関連:彼の離婚を望むなら、期間は1年にするべき【根拠あり】

 

奥さんとの差別化をしっかり図る

 

どこのサイトに行っても書いてあるので、『またそういう話?』と思われるかもしれませんが、やっぱりそれだけ奥さんとの違いを植え付けることって、大切なんですね。

 

●彼を否定しない

●奥さんの愚痴を徹底的に聞き、真逆を行く

●『この人は違う』と感じさせる

 

どうして彼があなたに惹かれたのかって言えば、それはやっぱり『奥さんとは違う』って感じたからです。

そこを追求することは、常に意識しましょう。

 

卑しい話ですが、節約家な夫婦には食事を奢ってあげるとか、プレゼント攻撃も普通に効果的です。

日頃はお小遣いで生きている彼にとって『こっちの方が良さそう』って感じて貰えるわけですから、卑怯とかゲスいなんて言うのはナンセンス。

経済的なステータスだって、人を構成する一部です。

 

とにもかくにも、彼に『非日常』を体験させてあげましょう。

 

地道な差別化を続ける事で、彼の中に『この人と生きられたら…』という想像が生まれればこっちのもの。

 

ただし、やり過ぎると結婚してからギャップで冷めてしまうので注意です。

ムリのない範囲で行いましょう。

 

離婚しやすい環境を整えてあげる

 

彼が離婚に踏み切れない理由は、大きく分けると2つのパターンがあります。

 

●家庭も大事な優柔不断タイプ

●現実的に抱えるリスクに勇気が出ないタイプ

 

前者については気持ちの問題ですのでここは置いといて、後者の心理的な負担を減らしてあげることで、彼は身軽に行動できたりします。

 

つまり、離婚しやすい環境作りですね。

 

『離婚したいけど、実際揉めたらめんどくさそうだなぁ…どうやって円滑に離婚すればいいのかわかんないし、お金とかもかかるのかな…住む場所も探さなくちゃいけないし…』

そんな不安を払拭してあげましょう。

 

経済面での負担を軽減してあげる

 

離婚にかかる費用は人それぞれ。

0円での協議離婚もあれば、数百万円の慰謝料や、毎月の大きな養育費を負担することになるケースもあります。

 

不倫の事実が明るみに出ていて、夫(彼)に全面的に非があるとなった場合はなかなか拒否出来なかったりしますよね。

でも、あなたが『〇円くらいなら私が出せるよ』と具体的な数字を提案してくれれば、想像がしやすくなります。

 

ポイントは『私も負担する』じゃなくて、『〇円出す』という具体性。

数字として見える事で、離婚の決意が固まります。

 

法律的な入れ知恵をする

 

そもそも、慰謝料請求にもカンタンに応じない方が良さそうです。

奥さん側が有責配偶者(問題のある嫁)ということが証明できれば、慰謝料は認められないとか、金額が少なくなることも。

 

●DVの事実があった

●家事や育児の放棄

●不倫している

●お金の使い込みが激しかった

●法外な慰謝料の請求

●もともと夫婦関係が破綻していた

 

と言うより、慰謝料請求にすんなり応じるということは、『不倫を認めます』というのと同様。

円満な離婚も難しくなる場合があります。

 

また、離婚そのものの提示条件としては、以下のようなものがあります。

 

●配偶者の不貞行為

●配偶者から悪意で遺棄されたとき

●配偶者の生死が3年以上明らかでないとき

●配偶者が強度の精神疾患にかかり、回復の見込みがないとき

●その他婚姻を継続し難い重大な理由があるとき

 

5番目の『結婚を続けられない理由探し』になりますが、他の部分に当てはまる場合はそちらの方が有効な言い分。

奥さん側にも責任があることを明らかにすれば、一方的な悪者になりたくない男性にはかなり決意する材料になりそうです。

 

奥さんの自立を考える

 

離婚しやすい夫婦と離婚しにくい夫婦がいます。

『どれだけ夫婦関係に依存しているか』がポイント。

 

経済的にも社会的にも夫に頼りっきりだった女性の場合は、意地でも家庭にしがみつきますよね。

彼の方からしても、『こいつ、オレがいなかったらヤバいんじゃないか』って感じていたら、軽々に離婚できない理由になります。

 

難しく考える必要はありません。

要するに、彼から奥さんに『働いたら?』って言ってもらったり、スキルや資格を身につけてもらうなどして、奥さんが自立して生きていけるような環境を作ってあげましょう。

 

これがあなたが思うよりも効果的で、例えばの話をします。

 

●夫の収入をやりくりして、妻には友人もほとんどいない

●妻は働いていて、友人や知人も多く、夫以外の人との関わりが多い

 

この両者、離婚しやすそうなのはどちらでしょう?

答えは言うまでもないかと思います。

 

こうして比べてみてみると、お互いの自立がいかに重要かハッキリするのではないでしょうか?

もっと極端な話、既に別居していてお互い生活できていたなら、それはもう『別れても大丈夫そうだな』という事が彼の中でもハッキリします。

 

あなたに出来る事が多いとは言えませんが、家庭への依存をいかに切り離すか、という部分はよく検討してみて下さいね。

 

心理学や責任を使って離婚を決意させる方法|早く決めさせたい編

砂に埋もれた懐中時計

 

理想で言えば、先ほどまでの行動で彼が決意してくれるのがいいですよね。

円滑な離婚成立を目指せるし、あなたの努力が実る構図です。

 

だけど、実際はそうはいきませんよね…

momo

 

そこでここからは、もう少し踏み込んだ方法をご紹介。

 

『わりと早く離婚してほしい』

『決断を迫る勢いです』

 

そんな状況の方に向けたパートです。

 

1・強制力のある方法2つ

2・暗に離婚を迫る心理的テク3つ

 

見ていきましょう。

 

妊娠する

 

これについては、本当に奥の手。

あなたと子供の人生を左右する方法なのでオススメ出来ません。

 

しかし、彼に子供がいないとか、明確なリミットが見える事で離婚を決断せざるを得なくなります。

成功率が高いのもまた事実です。

 

繰り返しますが、倫理的にもNGな行動で目的達成のために使ってはいけない手段です。

もしも行うなら、最初から1人も満足に育てる覚悟と環境が必須になります。

 

『子供さえ出来れば、きっと私を選ぶだろう』

そんな気持ちでは絶対にやらないで下さいね。

 

少し実行を考えてしまったなら、こちらの記事をご覧下さい。

関連:妊娠からの略奪婚は幸せになれない|5つの理由

 

不倫の事実を奥さんに告げる

 

要するに、『ばらす』っていうことです。

こちらもギャンブル。

 

裁判所が開示しているデータ『婚姻関係事故数

夫婦の離婚理由で、1位は性格の不一致。2位は浮気や不倫になります。

 

そう、やっぱり不倫は離婚する要因になりやすいっていうこと。

当たり前にリスクとデメリットはありますが、直接的に離婚に繋がる原因を作るという意味では、これほど効果的なものもないでしょう。

 

なにも直接言わずともOKです。

彼が夫婦の寝室にいるであろうときに電話をかけるとか、『奥さんに言うよ』と軽く脅すとか、間接的なクッションを挟むなどすれば、あなたと奥さんが全面的にぶつかり合うことも避けやすくなりますね。

 

もちろんバレれば最後。後戻りはできません。

奥さんと別れるか、あなたと別れるかの2択になりますので、くれぐれも慎重に。

 

先に住まいを決めてしまう

 

心理的に離婚を迫る方法をご紹介しましょう。

まずは居住地を用意してあげる方法です。

 

『あなたのために住むところ決めちゃった!』

 

こんな風に言うのはNGですよ?

逆に引いてしまう可能性もあります。

 

あくまで、『ちょっと部屋が狭かった』とか『職場に近い方が良くて』と言いつつ、2人の新居として十分な広さの家を借りるのが良さそうです。

 

離婚をしない心理的負担の1つに、『新しい生活をするのがめんどくさい』というものがあります。

人は変わることを嫌いますからね…

 

ですが、先に受け入れ先が決まれば話は別。

口に出して言わなくても、『新しい住処がある』っていうことを感じてもらえればそれでOK

 

転職を例に挙げてみましょう。

 

●次の会社が決まっていて、実際に数日働いてみた

●今の会社をやめたら、行き先がない

 

どっちがさっさと会社を辞められるか。もちろん前者です。

 

2人の愛の巣があれば、彼はそっちに入り浸りになる可能性もあり、そうなればいわゆる別居状態。

自然に『あとは離婚届を出すだけ』という状態になるメリットもあります。

 

離婚することのメリットを分かりやすく提示する

 

離婚したら彼にとって何が手に入るかしっかり明確に提示して、想像させてあげることです。

 

人は『やってよ』とお願いされると断りたくなります。

『これをすれば〇〇が手に入る』と知れば、お願いしなくても動いてくれます。

 

マーケティングにおいては『ベネフィット』とも呼ばれ、相手を申し込みに決断させる方法でもあります。

『伝え方が9割』という本でも、『相手のメリットを想像することでYESを引き出す』という手法を紹介しています。

 

シンプルに例を挙げましょう。

 

『奥さんと別れてくれれば、300万円あげる』

 

どうですか?あまりにも分かりやすいメリットです。

 

さすがにロマンがありませんね(笑

もう少し具体的な例をいくつか。

 

『奥さんと別れて私と暮らせば…』

 

●毎日マッサージする

●貯金を半分あずける

●変な性癖に付き合う

●最高の手料理を毎日振る舞う

●家事は一切しなくてOK

 

コツとしては、いま彼にないもの、欲しいであろうものを想像すること。

それを『離婚すれば手に入る』と彼に教えてあげることで、直接ストレートなお願いよりもはるかに聞き入れてもらいやすくなるでしょう。

 

離婚を決意させる悪魔のセリフ

 

彼に焦りを生み、離婚を決意させるセリフがあります。

 

『今度、お見合いすることになっちゃった…』

 

言いたい事は伝わるでしょうか?

似たようなセリフも。

 

『素敵な男性に言い寄られている』

『幼なじみにプロポーズされて迷っている』

 

さらに一言加えましょう

『本当はあなたが1番良いんだけどね…』

 

他に結婚を決めてしまいそうな相手を作り、彼の中の独占欲を刺激しています。

その上で、『いま離婚すればあなたを選びます』と伝えています。

 

『あと〇分で終了!』みたいな売り文句を想像して貰えればわかりやすいかと思います。

 

コツとしては、いかに本当に期限が迫っていることを演出出来るかどうか。

迷っている自分を演じられるかどうかです。

 

デメリットとしては、彼が『オレよりそっちの方が幸せになれるかもね…』と身を引いてしまうこと。

その際は『やっぱり結婚には至らなかった』という言い訳が通用するように、ギリギリの話を出すようにしましょう。

 

この方法で、彼の本気度を見抜く事もできます。

本気なら離婚を決意するでしょうし、誰かに明け渡すくらいなら、いつまでも離婚なんてしないかもしれません。

 

※使用注意※離婚を決意させる方法|確実な奥の手編

夜空と魔方陣

 

最後には究極の奥の手。

 

1・護符

2・縁切り

 

です。

こちらは実際に使った方の声と共にご紹介。

 

オカルトチックな事は信じない方は、ここまでで閉じて頂いて結構。

先ほどまでのテクニックがお役に立てればと思います。

 

しかし、ここで紹介するは、実際に効果があるからこそリピーターがいるものを取りあげています。

 

『神様でも、悪魔でもいい。彼と一緒になりたい』と願う方に向けたパートです。

 

強力な護符を使う

かなえやの護符を購入してから、あれだけ動かなかった彼が離婚してくれました

高かったけど、人気の理由がわかりましたね

 

護符とは霊力を込めたお守りの強化版。

陰陽師であるかなえやの護符は、長年にわたって支持されている強力な霊符になります。

 

実際に効果を実感した方が多く、あなたがすることは護符を買ってただ持ち歩くだけ。

誰かに言うわけでもなく、デメリットはありませんので試すだけの価値はありそうですね。

 

護符で略奪愛に成功した体験談

開運の護符作成 かなえや

 

縁切りをお願いする

今まで祈祷師や魔術と試しましたが効果なし

でも、カリスの叉紗先生に縁切りをお願いしたら、わずか1ヶ月で彼と奥さんが別居状態になりました

 

縁切りや祈祷は、あなたが心から願えば願望が成就します。

それは本当なんですね。

関連:『絶対略奪』祈祷師を選ぶ際に大切なポイント

 

昔からおまじないや祈祷がなくならないのは、それが実際に願いを叶える力を持っているから。

 

ただし、縁結びや縁切りは本当に実力のある人にしか行えず、ほとんどは気休めです。

例えば当サイトでも何名かの占い師を紹介したりしていますが、今のところ祈願の効果が出やすいのは3~4名ほどしかいません。

 

しかし、逆に言えば本物にお願いすれば、彼が離婚してくれるように仕向けることはカンタンです。

 

回りくどい施策を施す必要もありませんし、リスクを負う必要もありません。

彼の顔色を窺いながら心理的テクを学ぶ必要もないです。

 

あなたがすることは、心のままに先生に相談するだけ。

たったこれだけ。

 

1つだけデメリットがあるとすれば、彼の気持ちや未来を言い当てる事もできてしまうこと。

不倫の結末までしっかり知る事になりますので、覚悟はしてください。

 

たくさん利用されている中で、今のところ縁結びや縁切りについては電話占いカリスの叉紗先生が1番効果が高そうです。

電話占いカリスの叉紗(さしゃ)先生

 

電話占いカリス登録

最大で10分、0円で占い師と話せます。

 

あなたも一緒に、その効果を実感してみませんか?

 

叉紗先生の詳細はこちら

電話占いカリスはこちら

PR:ティファレト

 

 

momo

他にも、不倫愛に関する体験談や記事をご用意しました

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA