【0円で今すぐ】占いアプリ3つ

【彼氏の浮気】泳がせるのは本当に正しい?メリットとデメリット

椅子に腰掛けてこちらを見る赤いドレスの女性

 

彼氏の浮気に気がついたら、しばらく泳がせて様子を見よう!』

 

よく、こんなセリフを見かけることがありますよね。

 

でも、よーく考えたら、

 

『泳がせるって、何したらいいの?』

『いつまで泳がせたらいいの?』

『泳がせてるときって、何かした方が良いの?』

 

なんて思いませんか?

 

何となく泳がせる泳がせるって言うけれど、具体的な意味や方法がわからず、『泳がせる』というよりは、『指を加えて黙ってる』状態になりがちですよね。

 

そこで、この記事は浮気中の彼氏を泳がせるメリットやデメリット、具体的な行動や期間についてお伝えしていきます。

 

これを知ることで、あなたはハッキリとした目的を持って行動することができ、幸せに1歩ずつ近付く事が出来ます。

 

彼氏の浮気を泳がせたままにする意味とメリット。泳がせている時に何をするべき?

 

そもそも、浮気をそのまま泳がせておいて、上手く行く事ってあるのでしょうか?

 

実は、『ただ泳がせておいたら、浮気相手とくっついた』なんていう話もザラにあります。

 

 

つまり、『なぜ泳がせるのか』をハッキリさせておかないと、あなたの望む方向には動かないということです。

 

気がついたら、『浮気しても問題のない、都合の良い女』に成り下がっているかもしれません。

 

例えばですが、

 

・浮気相手との関係を清算させて、もう1度ちゃんと付き合う

・ナチュラルな形で、浮気相手と別れて、自分の所へ帰ってくるのを待つ

・面倒な話し合いは見過ごして、ライトな関係で楽しむ

 

といった具合ですね。

 

『自分はどうしたいのか』

『なんのために泳がせるのか』

 

まずはそこからハッキリさせ、泳がせるのは、その目的の為の時間と捉えましょう。

 

証拠を集める

 

『泳がせる』という言葉は、恋愛以外では刑事と犯人のようなものを想像しますよね。

 

多くの場合、彼氏の浮気を見過ごす理由は、この証拠集めでしょう。

 

証拠を集めて、言い逃れする隙を与えず、反省させるなり、問い詰めるなりするのに使います。

 

・浮気相手とのLINEのやり取り

・スケジュールと矛盾するレシート

・クレカの明細

・証拠写真

・相手が誰なのか

 

などなど、少しでも証拠になるものは多く集めます。

 

そうすることで、『やった』『やってない』の面倒な水掛け論をする必要もなく、泳がせている間に、あなたの絶対的な優位性を築き上げる事が出来ます。

 

自分が冷静になるため

 

恋愛では、哀しいかな、感情的になった方がバカを見てしまいます。

 

浮気が発覚した直後は頭ごなしに罵詈雑言でも浴びせたくなる所ですが、それをしても良いのは『別れるとき』だけです。

 

もしも彼氏とまだ上手く付き合っていきたいと思うなら、冷静な話し合いが必要になります。

 

そのため、彼氏を泳がせておく時間は、あくまで冷静になる時間として必要だったりします。

 

『覚悟を決める期間』と捉えても良いでしょう。

 

そうすることで、『自分はどうしたいのか』も分かってきます。

 

時間が経過してみて、『思うほど好きじゃなかった』と冷める事もあれば、『絶対浮気相手と別れさせて、自分の所へ戻ってきてもらおう』と思うかもしれません。

 

そのために、1度クールダウンするのは大切な事です。

 

彼氏の浮気心を見極める

 

泳がせておくことで、彼がどのくらいあなたの事を考えずに浮気しているかも計れます。

 

これは非常に大切な事だと思います。

 

罪悪感を持ちながらの浮気なのか、それとも、気付かないふりをしていれば調子に乗ってエスカレートするのか、そういった部分ですね。

 

冷静になって、その浮気は一時的なのか、それとも浮気ではなく、本気なのか、これは時間をかけないと見えてこないからです。

 

余談ですが、中には『泳がせるのが楽しい。たまに核心に迫ることを言って、焦っている姿が笑える』と、違った趣向に走る方もいるようですよ。

 

いつまで泳がせるべき?

 

これは、言わずもがな目的や経過によってでしょうか。

 

例えば、彼氏を取り戻すために泳がせているなら、浮気相手に気持ちが流れてしまいそうなら中断しないといけません。

 

また、分かりやすいところでは、証拠が揃ったと思えるまでです。

 

『問い詰めるのも気まずいから、勝手に別れて、勝手に戻ってきて欲しい』ということもあるでしょうが、これは彼氏と浮気相手の様子を伺いながら、適切なタイミングで止めないと危ないかもしれません。

 

何よりも良くないのは、『なんとなく』泳がせる事なのです。

 

泳がせる時に大切な事

 

目的を持って泳がせるとして、それがどんな目的でも、あくまで『あなたは、気が付いていない』というのがポイントになります。

 

彼の真意を計るにしても、証拠を集めるにしても、ありのままの彼氏の姿を見極めるということですから、警戒させないことが大切です。

 

『知っているのに放置している』

 

それを彼氏に悟られたら、身勝手に『俺の事大事じゃないんだな』なんて思われたり、図に乗って、さらに浮気がエスカレートするかもしれません。

 

『本当の彼』を見るため、しばらくは都合の良い女性であり続けることが肝心です。

 

泳がせるデメリット。覚悟の上で泳がせよう

 

重ねて言うようですが、

 

『泳がせるのが大事!』

『泳がせていい女になろう!』

『彼氏が戻ってくるのを待とう!』

 

という意見は確かに間違ってはいませんが、罠でもあります。

 

誰かの意見に振り回され、結果的に泳がせることに耐えられなくなることも…

自分の格をただただ落としている結果にもなりかねません。

 

彼氏の浮気を黙認することには、予想も出来ないデメリットもありそうです。

 

 

浮気されるダメージが大きくなる

 

確かにある程度浮気を寛容な精神で見ることの出来る女性は男性からすると母性愛のある『良い女』かもしれませんが、泳がせておくうちに受けるダメージは想像を越えてくると思います。

 

承知の上でのことなので、『何を当たり前の事を』と思われるかもしれませんが、それでもです。

 

あなたの事をそっちのけで浮気相手に夢中になる彼氏。

 

最初は我慢できるのかもしれませんが、次第に嫉妬心は苛立ちに変わり、『バカにされてるんじゃないか』なんて考え始めます。

 

そして、ほとぼりが冷めて彼氏があなたとよりを戻したとしても、『浮気された』という事実は、いつまでも頭の片隅に残り、真っ直ぐに彼を愛することも難しくなります。

 

 

『浮気相手に触った体』

 

そう考えたら、もうマトモじゃいられないかもしれませんし、『こいつは浮気する人間だ』という猜疑心と共に歩いていくのは、思いの外疲れます。

 

彼との復縁を目指した上で泳がせるのなら、そのあたりは覚悟しないといけませんね。

 

浮気が本気になる

 

人の気持ちは常に変わり続けます。

 

それは、あなたに気持ちが戻ってくる可能性と同じだけ、同時にあなたから離れるリスクもあります。

 

浮気相手でいるうちはまだしも、浮気が本気になってしまい、彼氏から理不尽な別れを突き付けられる可能性も育っていきます。

 

もしかしたら、泳がせずに早い段階で阻止していれば、そうはならなかったのかもしれません。

 

『もし』なんて話はしても仕方ないですが、それでも、もしかしたら、泳がせる事で事態が悪化する事はありえる、ということです。

 

もちろんですが、その間にあなたの方が冷めてしまう事もありますよね。

 

『出る杭は』ではありませんが、グダグダになる前に、白黒ハッキリつけた方がお互いのためかもしれません。

 

時効になる

 

泳がせているうちに、せっせと証拠集めをしても、そのうちに彼氏の浮気が収まることもあります。

 

時間が経ってからでは後の祭り、責めようにもその証拠は意味を成さなくなる可能性もあります。

 

終わった事件(浮気)を立証するのは難しく、シラを切られて、あなたの中ではモヤモヤ、消化不良になります。

 

そうなると、やはり後からダメージがやってきて、付き合っていられなくなってくることも。

 

別れが目的ならまだしも、罪を認めるチャンスをわざわざ見過ごしてしまう事だってある、ということです。

 

まとめ

 

彼氏の浮気を泳がせること。

実は話は簡単ではありませんね。

 

目的を持って、具体的にどうするのかを考えておかないと、浮気した方が得をする格好になったりもしますから、くれぐれもご注意下さい。

 

 

もしも証拠を集めるなら、こんな記事が参考になりそうです。

 

彼氏の浮気を立証する証拠の集めかた

 

 

また、『問い詰めたいけど、どんな感じで言えば良いのかわからない』と思っているあなたには、こんな記事もオススメです。

 

彼氏の浮気をトラブルなく問い詰める7ステップ

 

 

浮気を放置していた結果、なぜか上手くいった事例もあります。似たようなケースなら、放置が最善策かもしれません。

 

彼氏の浮気を放置していた結果、結婚しました

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA