【0円で今すぐ】占いアプリ3つ

【40代はチャンス】アラフォー女子こそ略奪愛しやすい理由+方法!

白い花を手にした女性

 

既婚者と不倫関係になってしまい、ズルズルと迎えた40代…

はたまた、40代を過ぎてから出会ってしまった本当の相手。

 

しかし、相手には家庭があり、奥さんや子供がいる。

 

『こんな気持ちを持つのは良くない…』

『いい年して何を考えてるんだか…』

 

『でも、彼が好き』

 

そんな揺れ動く気持ちと、理性の間で苦しんではいませんか?

 

1・40代こそ略奪愛するべき理由

2・幸せな略奪婚を叶えるための方法

 

このセットをお伝えします。

 

この記事を読めば、略奪するもしないも、あなたの手の平にあるってこと、よくわかります。

 

40代は略奪愛が成功しやすい6つの理由|不倫相手としても人気のアラフォー女子

40代 略奪愛 アラフォー 略奪婚

 

40代であろうと50代であろうと60代であろうと、好きになった人がいるならアプローチするべきだし、幸せを望んではいけないという決まりもありません。

というよりも、40代を越えた辺りから女性は『第二の恋愛適齢期』

 

『40代にもなったら不倫に本気になんてなるわけないよね』

とか

『家庭を壊してまで私が幸せになるわけにいかない』

って思うかもしれませんが、それは間違い。

 

年齢による制限もなければ、過去のバツも関係ないのが恋愛です。

むしろ、40代を過ぎてからの方が不倫や略奪愛が成功しやすいケースが存在します。

 

実は、世間では不倫や再婚率が高いのは40代~50代なんですよ。

 

それはなぜか、どんな理由で略奪愛が成功しやすいのか、見ていきましょう。

 

育児が落ち着き、自由な時間が増える

 

20代頃にお子様が生まれたような男性であれば、そのお子様はもう手のかからない年齢にさしかかってきます。

遊びたくても遊べなかった20代、子供と仕事に時間を費やした30代、そうして自由な時間ができるのがおおよそ40代~50代です。

 

世間一般に不倫が多くなるのもこの年齢ということは、やはり育児からの解放は人生に大きな変化をもたらすのではないでしょうか。

 

若い世代を『子供のために』と抑圧してきた心は、中年にさしかかることで焦りも覚えるのかも知れません。

 

妻への気持ちが薄れてきている

 

セックスレスに悩むのも40代が多く、その理由の最たるは『妻を女性として見れなくなった』というもの。

もちろんいつまでもラブラブで…なんていう夫婦もいらっしゃいますが、多くはそう上手く行きません。

 

『相手に気持ちがなくなったから略奪愛しやすい』なんていかにも卑しい話ですが、略奪愛ってやっぱりそういうものです。

 

もはや『お母さん』になってしまった奥さんと、『女性』であるあなた。

彼がどちらに心惹かれるかなんて、火を見るより明らかでしょう。

 

視野が広くなり、不倫に対する理解も増える

 

まだ若いうちはお互い『不倫なんて』という後ろめたさや抵抗感があったりもしますが、

20代、30代と年齢を重ねるにつれ、彼もあなたも視野が広がっていき、多様な生き方や恋愛観を持てるようになります。

 

同じ不倫をするにしても、それに対する理解があるかどうかは、意識の問題として大切です。

 

同様に、不倫からの略奪婚という図式に関しても、頭ごなしに否定するようなこともなくなってくるでしょう。

 

本来、恋愛とは自由なもの。

結婚したら恋愛してはいけないワケでもありませんし、どんな形の恋人がいても良いはず。

 

40代という年齢になってきて、それを肌で感じるようになってくるのではないでしょうか。

 

男性に経済的に余裕も生まれてくる

 

略奪愛からの結婚を考えた時、現実的にネックになってくるのは『お金』です。

今の奥さんに対する慰謝料や、お子さんがいるなら養育費、新しい生活にかかるお金などなど…

 

若くして略奪婚をすると、こういった貧困に身を投じることになるので、当たり前に不倫相手との生活は望んだものではなくなるでしょう。

略奪婚が上手くいきにくい理由の1つとして、やはりこういったお金の問題が絡んでくることもあります。

 

情けないですが、やはり人はお金がなければ心が荒み、お金があれば多少は心にも余裕が生まれるのは事実。

 

国税庁の民間給与実態統計調査によりますと、男性の収入は35歳を境にグンと伸びています。

あくまで相対的な話ですが、経済的な余裕があれば略奪婚に関わる問題の1つが解消されるわけですから、そのハードルは低くなると言えるでしょう。

 

不倫中の距離感をわきまえている

 

若い頃の不倫は、それこそ相手の家庭を顧みずに突っ走ってしまいがちです。

自分だけを見て欲しい。愛して欲しい。早く離婚して欲しい。早く結婚したい。

 

確かに情熱は大切ですが、実際にこんな向こう見ずな略奪愛を叶えようと思ったら、相手の男性も大きなプレッシャーになります。

また、いざ離婚が成立しても多額の慰謝料や養育費が発生しやすくなります。

 

未来を見据えた関係には、ある程度の距離感が必須です。

40代になったあなたは、その距離感を保つスキルが自然と身についているのではないでしょうか?

 

『私って都合の良い女だよね…』なんて感じてるかもしれませんが、それって若い人にはできないこと。

そんなあなただからこそ、彼は居心地良くあなたといるんですし、将来も考えてくれるようになるのです。

 

勢いで略奪婚しない|これが最後の相手と腹を括る

 

同じく、若い世代との略奪愛とは違いがあります。

略奪愛のその後が成功するか失敗するか、その根本的な差です。

 

若い世代は、『好きだけで略奪愛する』ということ。

 

もちろんリアルタイムの本人はそんなこと思っていません。

 

『彼と一生やっていく』

『不倫女でいる覚悟はある』

『お金がなくても頑張る』

 

真剣に考えているつもりでしょう。

でも失敗しやすいんです。口だけの覚悟だから。

 

それが悪いのではなく、単純に20代と40代では経験してきた事に差があるのです。

 

20代の頃に、税金や平均年収、家事の効率や将来、近所づきあいや親戚の生死、食べ物への関心、健康管理なんて深く考えない人も多いでしょう。私はそうでした。

 

でも、40代ともなると気がつけば色々な事を知っています。

あなたに自覚はないかもしれませんが、人生経験ってそういうことです。

 

その両者が同じように

『彼と奥さんに離婚してもらって、デメリットも抱えつつ一緒に生きていく!』

と宣言したとして、想定している不幸の範囲がけた違いですよね。

 

40代女性は、人の奥さんになるということがどういうことか知っていますし、現実的に考えなければいけない問題も分かっています。

 

そして、『40代で略奪婚』という事が、それが最後の相手になるであろうことは心のどこかで覚悟するでしょう。

もちろん若い世代だとしても覚悟はするのでしょうが、やはり潜在意識では『まだなんとかなる』って思ってしまうものです。

 

だからこそ、お互いが慎重に、きっちり考えた上での略奪婚となりやすく、失敗する可能性は大いに減るのです。

 

40代から既婚者や彼女持ちに略奪愛を仕掛ける方法|形にとらわれない覚悟

 

ここまで、40代だからこそ略奪愛、略奪婚が成功しやすく、その後も上手く行きやすい理由を解説してきました。

 

でも、ここで勘違いしたくないのは、『40代だから略奪愛が成功する』ということではありません。

『40代になって、見聞が広まるから』です。

 

本質は40という数字ではなく、あなたが仮に今でも子供のように『あの人とけっこんしたい-!』という気持ちや考え方では、当然失敗します。

 

ここでは、既婚者である彼にどう接していけば円満にあなたと彼の関係を深める事ができるのか。

どうすれば略奪愛が成就するのか。

略奪愛して、本当に幸せになれるのか。

 

そういった部分を見ていきましょう。

 

ここでは、『将来を考えて』とか『子供のことを』とかいった、ありきたりであなたが理解していることは省略します。

続けてご覧下さい。

 

まずは『どうしたいのか』考える|結婚が全てではない

 

ここまで私は『略奪愛』と『略奪婚』という言葉を織り交ぜて使ってきました。

 

ここで質問ですが、

あなたが望んでいるのはどちらでしょうか?

 

まずは彼と2人、どんな道を歩みたいのか明確にすることから始めましょう。

 

人生は結婚することが全てではありません。

幸せの形は千差万別であることは、あなたが良くご存じかと思います。

 

彼と奥さんに別れてもらってあなたと結婚してもらうのか。

それとも、家庭外の部分で彼を癒し、恋人として生きていくのか。

はたまた、友達として最後まで見守りあうのか。

 

結婚しないからこそ、丁度良い距離感で付き合っていける関係というものもあります。

人と人の関係って、その人達同士に合ったカタチがあるんです。

 

そこを深く深く考えてみると、『結婚しなきゃいけない』という観念にとらわれていた自分に気がつく事だってあります。

自分と彼はどんなカタチに落ち着くべきか、それを常に試行錯誤していきましょう。

 

奥さんとの差別化を意識する

 

彼と見据える将来が結婚であれ、恋人としての人生であれ、意識していきたいのは奥さんとの差別化です。

これは40代だからという話ではなく、ライバルがいる女性にとって普遍的な考え方。

 

彼はあなたに奥さんにない魅力を感じたからこそ、何かしらの関係を持ったはずです。

 

何もものすごい収入を持つとか、美貌に磨きをかけろということではありません。

ちょっとした気遣いや言葉の使い方、セックスの仕方など、細かい部分で『こっちの方が良いな』と思われるようにしていきましょう。

 

略奪愛の基本は、『私を選んで』ではなく、『お前を選びたい』と言わせることです。

 

悲劇のヒロインにならない|おばさんでもなければ都合の良い女でもない

 

不倫相手という立場になったとき、人は悲観的になり、自虐的な考えに陥りがちです。

 

『どうせ都合の良い女だし』

『私みたいな先のないおばさん』

『離婚なんてしてくれない』

 

これら全てNG

そうなってしまう気持ちも分かります。

 

人によっては『オレは離婚する気なんてない』と堂々と言われている事もあるでしょう。

 

でも、そこで悲劇のヒロインを気取っては明るい未来は訪れません。

あくまで彼との恋愛を選択しているのは自分であるという原則は忘れず、『離れられない』ではなく『離れてあげない』という意識でいる事が大切です。

 

あなたが何歳であれ、彼がどう言っていようとも、恋愛の主導権はあなたにあります。

 

彼が会いたいから逢うのではなく、あなたが会いたいときに逢う。

彼が抱きたいときに抱かれるのではなく、あなたが抱かせてあげる。

 

『手に入れたい女』でいるとは、そういうことです。

 

40代からの略奪愛はリスクもある|誤った道を選択しない為の簡単な方法

沢山の選択肢のイメージ

 

それでも、不安になりますよね。

 

『このまま不倫関係を続けて、大丈夫なのかな』

『離婚してくれないのなら、早く他に良い人を探さなきゃ』

『もうお先真っ暗なんじゃないか…』

 

ここでは希望もお伝えしましたが、やはり40代で恋愛に失敗したら…その先はあまり希望のある人生とは言えません。

それは仕方のない事実です。

 

彼を奪って結婚してから不幸になるケースもあれば、ズルズルと高齢まで不倫相手のまま、何も実らないこともあり得るでしょう。

 

悲観的に、卑屈になることは良い事ではありませんが、それでも年齢に対する焦りと彼への気持ちの両方で、きっと苦しい時間を過ごしている事でしょう。

 

例えば、あなたのその不安、解消する方法があったらどうしますか?

 

ここでは占いもご紹介していますが、今では自宅にいながらでも気軽に本格的な鑑定を受ける事ができます。

 

●このまま不倫を続けて、明るい未来はあるのか

●彼は離婚するのか、それとも…

●結婚したとして、その先はどうなるのか

 

そんな未来を少しノゾキミしたいなら、愛純先生の占いが良さそうです。

相手の気持ちと未来を占う事に定評があり、『先生の言ったとおりになった』という声も後を絶ちません。

 

今、3分以上の時間があるなら、こちらの記事を続けてご覧下さい。

この先、数十年ある人生を台無しにしないで済むようになります。

【占い】難しい恋が叶う占い師【uraraca愛純(アズミ)先生】

 

現実的に既婚者を略奪愛するリスクやデメリットについて知りたい方には、こんな記事もあります

momo

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。